近況報告

今年の1月から毎月1回、日本伝統式レイキの師範研修を受けております。

「今まで以上にレイキを勉強して、師範にもレイキを流して頂いて、発霊法も自己ヒーリングも遠隔ヒーリングもやっているのに疲れがとれないな~。朝も起きられないし、横になるとすぐ寝ちゃうし・・・好転反応なのかしら?」と脳天気に考えておりました。

2月の師範研修の際、師範にそのことを伝え「身体が必要としているならそれでいい。起きたくないときは寝ていて良いのよ。」と言われ、今までの疲れが出ているのかも、若くないからな・・・と過ごしておりました

青色申告をしているときに、昨年の手帳をみて気づきました。

「予定を入れすぎていた!」「あちこち、お出掛けしすぎ!」

昨年もやりたいことがたくさん有ってスケジュールが満杯でした。

「これじゃ、疲れないわけがない!」

そう気づいて、いろいろなことをお休みする決意をしました。

そんな矢先、新型コロナウィルスと言うものが流行りだしました。

「ウィルスに感染しないことが1番だけど、感染しても発症しなければ、いいんだ!」

「感染して発症しちゃっても、軽症で済めばいいんだ!」

「万が一、重篤な症状になっても『治る』力があれば大丈夫。」と

またまた、脳天気なことを考えました。そうすると安心感が持て、新型コロナウィルスに対する恐れは有りません。

ちょうどカラダを休めようと思っていたので、外出がしにくくなるのはかえってありがたいことでした。

毎日、穏やかに過ごしております。

そして、お家と旦那様を大切にしていなかった事にも気づかせていただきました。

家の中のお掃除と整理整頓。本を読んだり、お菓子を作ったり、マスクを作って見たり・・・。旦那様を大切にすることも忘れずに・・・・

レイキは、私たちの自己免疫力や自然治癒力を高めてくれるので、より安心感があります。

そして、本日から『緊急事態宣言』

何も変わらず、穏やかな毎日です。

2020年アニマル進化体操インストラクター養成講座のご案内

リエータでご紹介しているアニマル進化体操のインストラクター養成講座のご案内です。

アニマル進化体操を本格的にやってみたい方にお勧めです。

(あ、すみません!!リエータのクラスは、アニマル進化体操を元に、お手軽・簡単バージョンでご紹介しているものですから・・・でも本物です。)

私の師匠・田中ちさこ先生が直々にご指導してくださいますよ!

インストラクターを目指したい方はもちろん、インストラクターになるつもりはなくても、少人数制で動きのひとつひとつを身に付けながら一連の流れを体得してゆくので、講座修了時にはインストラクターになれちゃいます!。

更に、田中ちさこ先生ならではの、多重迷走神経や目の進化などなど、役に立つ座学も満載です。

詳しくは、アニマル進化体操のホームページ

アドレナリンの大放出!

昨年11月15日と今年1月31日に、AEEプロジェクトチーム主催の田中ちさこの2回連続ワークショップ「アレクサンダーテクニークを科学する。神経系の基礎の基礎」ワークショップが開催されました。

1回目は「座学編」交感神経と副交感神経、そして迷走神経について学びました。

とても分かりやすかったのは、3人一組になって「交感神経」「背側迷走神経」「腹側迷走神経」になって、シフォンの布地を揺らすワークでした。

交感神経と副交感神経は切り替わるのではなくて、共存していること。それが、事情によって大きく作用したり、しなかったりするんだな~と言うことでした。 今まで、交感神経と副交感神経は真逆のもので、穏やかな人(副交感神経)が攻撃的な人(交感神経)に豹変する作用だとばかり思っていたから。

「今、自分はどの神経系が優位になっているのか?」それが分かると、ちょっと安心できるようになりました。自分が安全の場に居られると言うことです。

最近、「緊張してきた!」「心臓がドキドキする」という代わりに、「アドレナリンが大放出している~!」と言うことがあります。そう言うと、他人事みたいに聞こえるので緊張感が弱まるような気がします。

自分の感情に耳を傾ける

本日より、日本伝統式・臼井式レイキの鈴木伸子師範から、師範研修を受講させていただくことになりました。

日本伝統式レイキと西洋式レイキの違いは、『安心立命』です。

しかし、この『安心立命』と言うのが、なかなか理解できません。

本日の学びは・・・『感情は魂の言葉。恐れを手放し魂が喜ぶことをする』

例えば、今日中にやらなければならないことがあるのに、やる気になれない。「やりたくない」と言う感情。その感情を大切にすること。

やりたくないことは、やらない。単純に考えれば良い。「今日はやりたくないから、やりません。」と言うこと。これは、理屈ではないそうです。

でも、「そんなことをしたら、人に嫌われちゃうんじゃないかしら?」と思いました。

そして【嫌われたくない】と言う気持ちは、【恐れ】から来ていると伺いました。

【恐れ】の元は【死】「死んじゃうかも知れない」と言う【恐れ】気持ちだそうです。

あの人に嫌われたら → 自分が困った時に助けてもらえないかも知れない → 助けてもらえなかったら → 死んじゃう。と言う死への恐れから来ているそうです。

でも、本当に助けてもらえなくなるかどうかは、その時になってみないと分からない。今日やらないことで、反対に良いことが起こるかも知れない。自分の勝手な思い込みで、自分をがんじがらめにしているのです。

レイキをやっていくと言うことは、【恐れ】を手放してゆくことと教えていただきました。恐れていること自体が本質からそれていることだそうです。

そして、やりたくないのに、イヤイヤやるのは、【自己犠牲】を強いることだそうです。

【安心立命】とは、自分の気持ちを尊重すること。自分を好きになること。自分の魂に正直になること。自己犠牲や無理強いをしなこと。

自分の感情に正直になること。自分を徹底的に幸せにすること。自分が幸せじゃなかったら、他人を幸せにできないから。

私は素直な子どもだったと思います。そして、母親の影響をたくさん受けていたことに気づきました。

自分自身の記憶はないのですが、たぶん私は、ちょっと困った子ども(可笑しな子ども)だったのだと思います。感受性が強すぎると言われました。母親は、そんな私を心配して「人に嫌われないように生きるように」育ててくれました。

「自分の気持ちは抑えなさい!」「相手の気持ちを考えなさい!」「人に喜ばれることをしなさい!」

でも、それは自分を抑えることだから、耐えられなくなって大爆発をしてしまいます。爆発することは悪いことだと言われます。爆発する前に「1から10まで数えなさい」と言われました。

それは、「嫌われないように…」と言う母の「恐れ」の感情から生まれた教えだったのです。

今日、鈴木師範とお話ししている間も、母の教えが何度も何度も顔を出してくるのが分かりました。

でも、母は10年前に亡くなり、もう母はこの世に居ません。そして、私は立派な大人になりました。私は「恐れ」を手放します。今日からは、自分の感情に耳を傾け、魂の叫びに正直に生きて行きます。

だから、今日は、帰り際、「今から帰ります。今日はとんかつ屋さんに生きませんか?」と主人に電話しました。地元に帰って、買い物をして食事の支度をしたくなかったから、「そうしよう。」と、すんなりOKをいただき、とんかつ屋さんに行きました。

自分の魂に正直になる練習を、積み重ねていこうと思います。

第1回アニマル進化体操ワークショップのご案内

私が所属するAEEプロジェクトチーム主催のアニマル進化体操ワークショップのご案内です。

タイトルは『建国記念の日に動物になって、ストレスをぶっ飛ばそう!!』です。

  • 自分の動きをぎこちなく感じている人
  • 日々の生活でストレスを感じている人
  • もっと速く走りたい人 もっと遠くへボールを飛ばしたい人
  • もっと良い声を出したい人 もっといい演奏をしたい人
  • もっと自由になりたい人
  • 生物学的に進化の過程を体感したい人
  • もっとよい指導をしたいアレクサンダーテクニーク教師
  • どなたでも。

現代人は、大脳皮質の前頭前野で考え、行動します。

「人間らしく生きよう。」「人として、こうするべき。」「人として、こうあるべき。」そして、「他人の評価」を意識して生きています。

常に人間らしく、理性的に行動しようとして、湧き出てくる感情や情動を我慢していると、カラダのあちこちに不具合が出てきます。

動物は、理性で行動しません。

アニマル進化体操では、動物の動きを楽しみながらカラダを動かしているうちに、大脳皮質、大脳偏桃体、脳幹のバランスが良くなります。

カラダを動かしながら、理性をちょっと手放してみたら、どんな発見があるでしょうか?

  • 【日 時】 2020年2月11日(火)13:30~15:30
  • 【場 所】 目黒駅近辺(お申込み後、ご案内いたします。)
  • 【参加費】 3,500円
  • 【定 員】 10名

●お申込は、メールアドレス:eswanimal@gmail.comへ

「アニマル進化体操」とタイトルに入れて、①お名前  ②連絡先電話番号 ③メールアドレス ④ご職業 をご記入の上お申込みください。

新年あけましておめでとうございます。

2020年が始まりました。

今年は、どんな年になるのかな?と楽しみです。

昨年末、デビ・アダムスさんのワークショップで 自分自身のポテンシャルに気付かせていただいたことは、今年への自信になりました。

明日1月5日(日)は、私の声楽の恩師・西島定一先生と、榛葉樹人さん上本訓久さんの3人が出演される『太陽のカンツォーネⅤ』にコーラスでちょっとだけ出演してきます。新年早々、嬉しい出来事です。

1月25日(土)は、毎年恒例の『夢の舞台へ』のコンサートもあります。ロッシーニの「La promessa」とオペラ道化師の「鳥の歌」を歌います。

また、AEEプロジェクトチームとして、1月31日(金)は、田中千佐子さんの神経系のワークショップのアシスタント、2月11日(火)はアニマル進化体操のワークショップもあります。ご興味がありましたら、ご参加ください。

それから、もう一つ素敵なことが始まります。とても楽しみです。

今年もよろしくお願い申し上げます!!♡♡♡

筋肉の裏側を知る。

昨日(2019年12月28日(土))デビ・アダムスさんのワークショップに行ってきました。

アレクサンダーテクニークの“手を使うこと”を教えていただきました。

ハンズ・オン・ワークは5W1Hだそうです。

そして、貝殻に触れるときのように、興味を持って、繊細に、大切に触れることも教えてくださいました。

午前中、彼女のワークを受けた時、身体中の筋肉が動き出し更に筋肉の裏側(後ろ側?皮膚から遠い側と言うのかな?)が広がっていくと言うセンセーショナルな体験をしました。

「うわ~っ!?」って言う感じで、筋肉の裏側が広がっていきました。そして「三角筋は本当に三角なんだ~!!」と言うような、筋肉の立体感を味わいました。言葉では表現しきれないことが、カラダの中で起こりました。そして、それは、とても気持ちの良い体験でした。

『生徒さんのポテンシャルに触れる』と言うことも教えていただきました。

デビさんのハンズ・オンはパワフルで繊細で、私のとても深い部分にも触れてくださいました。そして、『それは私にもできる』ことも教えてくださいました。

年の瀬に、こんなに素敵な体験ができるなんて予期していませんでした。

こんな素敵な時間をつくってくださった石井ゆりこ先生に感謝です。

アレクサンダーテクニークを実感する!

11月2日3日は、私が所属する市民劇団Liebeの第5回公演「リアの三姉妹」に出演しました。

昨年、劇団員のなおみちゃんに誘われて、第4回公演「恋する龍神 」のオ-ディションを受け、 鷺姫様の腰元・鶴の役で出演させていただきました。この時は、役柄によって固定された“島(鷺姫様の沼)”の上での演技だったので、ステージの大きさをあまり感じませんでした。

今回は、“名もなき女たち”というコロスの役で、舞台を縦横無尽に歩きながら、台詞をいいました。

小屋入りしてから、あるシーンの立ち位置が奥の方に変更されました。

「こんなに後ろ?」と思ったのですが、劇場全体がよく見え、空間が私をサポートしてくれているのが分かりました。そして、とても楽に、大きな声が自然に出せました。

ああ、なんて気持ちが良いのでしょう!!(そして、この位置は照明がよく当たるではないか!!)

アレクサンダーテクニークを学び初めて3年目くらいのとき、広い場所で、大勢に向けて挨拶をしようとするのに、大きな声が出ないことで、毎年、来日されるキャシー・マデン先生のワークを受けました。

キャシーは、「声は、部屋の広さに応じて必要な大きさで話せる。」ことを教えてくださいました。そして、本番前は、ステージだけでなく客席も歩いて、自分の演技スペースの情報を得ることの大切さも教えてくれました。

だけど、なかなか実感できずにいたのです。もちろん、最近はどんな場所でも必要な大きさで話ができるようになっていたのですよ。

でも、今回は「ああ、これがキャシーの教えてくれたことなんだ!」って自分自身・身体全体で実感することができました。とっても気持ちの良い瞬間でした。

ワークショップのご案内です。

田中ちさこさんの2回連続ワークショップ<アレクサンダーテクニークをもっと深めるための神経生理学>を開催いたします。

アレクサンダーテクニークのアレクサンダーさんは、「肉体的であれ、精神的であれ、霊的であれ、全ては筋肉の緊張にあらわれる。」と言いました。

田中ちさこさんは、「人間の肉体と精神をつなぐのは、神経系と化学伝達物質だ!」と仰います。

アレクサンダーテクニークは、安心の場でこそ活かされます。

その場が安全でなかったら、ヒト(動物)は、『戦う』『逃げる』『固まる(乖離する)』ことしかできません。

ヒトはどのようにして『安心』と思えるのか?

アレクサンダーテクニーク教師であり、ソマティック・エクスピエリエンシング® プラクティショナー、初級プロバイダー田中ちさこさんが分かりやすく教えてくださいます。

詳細は、こちらから

台風10号が通り過ぎて、だいぶ過ごしやすくなりました。

そして、猛暑に慣れてしまったカラダは、まるで秋になったように感じています。

と言っても、これが私が私が子どものころの日本の夏の気温なのですよね…。 猛暑という言葉が登場する前の夏の気温なのです。

「慣れる」って恐ろしいです。そして、カラダは秋になったと勘違いしている。

涼しいのでよく眠れます。猛暑で消耗した体力を回復しようとよく眠ります。ちょっと横になると爆睡しています。昼寝もします。夕食後も爆睡。寝ても寝ても眠れます。何かの健康番組で「汗をかくと言うことは交感神経が優位になっているんですよ。」と言っていたけど、汗をかきながら眠るのは、十分な睡眠がとれていなかったのですね。

眠ることは、とても大切です。眠りたいときは眠るのが一番だそうです。

眠ることで、カラダとココロとアタマの中が調整されるようです。

ココロとカラダとアタマの中を休ませてあげるのは、自分にとって大事なことです。でもお仕事などで、なかなかお休みが取れないことも多いと思います。

そんな時は、リエータにお越しください。レイキボディケアでココロとカラダをほぐして、元気がチャージされますよ。

ご予約はこちら