私は引きこもりです。

コロナウィルスの影響で、行動を自粛するようになって、もう2ヶ月・・・。

緊急事態宣言も、徐々に解除され、東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道を残すのみとなりましたね。

数日前、友人からこんなLINEが届きました。

『毎日家に居て、お金もあまり使わず、好きなことをして、人に会わないからイヤな思いなどもせず、思えば実にこの自粛生活は快適でした。』

私は、もともと引き籠もりだから、この自粛生活は快適でした。

子どもの頃から、人見知りの引っ込み思案、他人と交流することが好きではなく、人間関係がうまく築けない、それなのに、突然、思い切ったことを言ってしまったりするから、清秋時代も社会人になっても、いじめられたり、仲間はずれにされたりしていました。

そして、そのたびに、引きこもっていました。

ただ、完全な引きこもりではありませんでした。どうしてなのか記憶は無いけど、イヤイヤながら学校へ行き、帰ってきたら、部屋の中に引きこもっていました。食時間になれば食卓に向かう、社会人になってからは、会社をサボることはあっても、完全に休まない、帰宅したら引きこもると言う引き籠もりでした。(それは引き籠もりじゃないといわれるかな・・・)

そのような訳で、今回の自粛生活はあまり苦も無く過ごせました。

コロナウィルスに対して自分なり正しく恐れるというか、公衆衛生と感染したときの覚悟があったから、今までの生活となにもかわりませんでした。

自分のカラダを充分に休めることが出来たし、主人ともとても良い時間を持てるようになってし、本当に有りがたい時間でしたから、感染にたいする恐怖も感じていませんでした。

『巣籠もりはストレスフリー。人と会うこと、ことばを交わすことはストレスの原因なんだな・・・』と友人のことばは続きます。

「そうなのよ。人間関係はストレスのもとなの。でもね、このストレスは自分で作り出しているものなの。そして、不要なストレスを持たずに済む方法もあるのよ!」

と返信しようと思ったけど、LINEじゃ説明しきれないから『そうなのよねー』とだけ返信しました。

解除されたら、ビールを飲みながらゆっくりお話ししたいな~と思っています。

でもね、ちょっとだけ、私はイヤな予感がします。

全国的に解除されたら、私にとってはコロナウィルスに感染するより恐ろしいことがあります。それは、今まで巣ごもっていた人達が急に活気づくことです。

仕事がなくなる~。稼ぎがなくなる~。欲求不満だ~。生活できない~。と言う人々は、解除されたら、何とか取り返そうと考える人々も少なくないと思うのです。それは、とても大切なことで、私にとっても良いことなのでけど、そう言う勢いのありすぎるパワー(波動)が街に溢れたら、ちょっと私は苦しくなりそうな気がします。

私は、そう言う波動に敏感なのです。そして、今の私は、それを防御する方法は知っているから大丈夫です。ご興味がある方はこちらから!

この自粛期間、どのような心(気持ち、感情、思考)で過ごしたかが、未来に大きく関わってくる様な気がします。