筋肉の裏側を知る。

昨日(2019年12月28日(土))デビ・アダムスさんのワークショップに行ってきました。

アレクサンダーテクニークの“手を使うこと”を教えていただきました。

ハンズ・オン・ワークは5W1Hだそうです。

そして、貝殻に触れるときのように、興味を持って、繊細に、大切に触れることも教えてくださいました。

午前中、彼女のワークを受けた時、身体中の筋肉が動き出し更に筋肉の裏側(後ろ側?皮膚から遠い側と言うのかな?)が広がっていくと言うセンセーショナルな体験をしました。

「うわ~っ!?」って言う感じで、筋肉の裏側が広がっていきました。そして「三角筋は本当に三角なんだ~!!」と言うような、筋肉の立体感を味わいました。言葉では表現しきれないことが、カラダの中で起こりました。そして、それは、とても気持ちの良い体験でした。

『生徒さんのポテンシャルに触れる』と言うことも教えていただきました。

デビさんのハンズ・オンはパワフルで繊細で、私のとても深い部分にも触れてくださいました。そして、『それは私にもできる』ことも教えてくださいました。

年の瀬に、こんなに素敵な体験ができるなんて予期していませんでした。

こんな素敵な時間をつくってくださった石井ゆりこ先生に感謝です。