台風10号が通り過ぎて、だいぶ過ごしやすくなりました。

そして、猛暑に慣れてしまったカラダは、まるで秋になったように感じています。

と言っても、これが私が私が子どものころの日本の夏の気温なのですよね…。 猛暑という言葉が登場する前の夏の気温なのです。

「慣れる」って恐ろしいです。そして、カラダは秋になったと勘違いしている。

涼しいのでよく眠れます。猛暑で消耗した体力を回復しようとよく眠ります。ちょっと横になると爆睡しています。昼寝もします。夕食後も爆睡。寝ても寝ても眠れます。何かの健康番組で「汗をかくと言うことは交感神経が優位になっているんですよ。」と言っていたけど、汗をかきながら眠るのは、十分な睡眠がとれていなかったのですね。

眠ることは、とても大切です。眠りたいときは眠るのが一番だそうです。

眠ることで、カラダとココロとアタマの中が調整されるようです。

ココロとカラダとアタマの中を休ませてあげるのは、自分にとって大事なことです。でもお仕事などで、なかなかお休みが取れないことも多いと思います。

そんな時は、リエータにお越しください。レイキボディケアでココロとカラダをほぐして、元気がチャージされますよ。

ご予約はこちら

今年の夏は暑いです。熱中症も心配だけど、冷房にも注意したいです。

子どもの頃、母が「今夜は熱帯夜よ。」と言っていたのを覚えています。

「ネッタイヤ」って言う言葉の響きが、なんとなく気味悪くて、今夜何が起こるのだろう?」と印象に残っています。

熱帯夜って、夜間の気温が25度以上になることなのですよね。そして30度が夏日。今は毎日35度以上!!夜になっても30度以上!!異常です。

熱中症対策で、夜はエアコンをつけて就寝する方が熟睡できると言われて、長袖長ズボンに肌掛けで寝てみましたが、思ったより熟睡できませんでした。自然の風とは違うようで、朝起きたら身体の芯から冷えていました。

この方法は、私には合わないので、半袖の涼感パジャマをきて、微風の扇風機を回して、おなかに涼感の肌掛けを掛けて寝るようにしました。この方がよく眠れるみたいです。

日中、外に出れば猛暑で倒れそうだし、室内に入ると近々に冷えていて凍えそうだし、体温調節に自律神経さんも大変そうです。なるべく自分を労ってあげたいです。

肩甲骨や僧帽筋の辺りをちょっと動かすだけで、何だか調子が良くなります。それでも不調を感じたら、リエータのレイキボディケアを試してみてください。

ご予約はこちらです。

毎日暑いですね。

やっと、長い梅雨が明けたと思ったら、毎日、うだるような暑さが続いています。

先日、NHKのニュースで、消防士さん達が防火服を着てランニングをする様子が放映されていました。
気温の上昇に応じて、少しずつ体が暑さに慣れてくることを 「暑熱順化」と言うそうです。体の働きを高めて、熱中症になりにくいカラダを手に入れるための取り組みだそうです。 カラダを慣らすことは大切なのですね。

私は、今年、とても夏に順応しています!毎日、しっかり汗をかいてます!

実は、7月中、なんとなくカラダがだるくて、やる気が出ず、外に出るのもおっくうで、お友達との約束などもお断りして、怠惰な日々を送っておりました。

そして、梅雨が明けたら、何だかカラダ中にエネルギーが満ちてきて、元気いっぱいになりました!

振り返ってみると、最近、かなり自分を大切にしていなかったので、今回は良い機会だったようです。何もしないことを自分自身に許してあげることも、たまには大切なのかも知れません。