毎週日曜日は、自分のことは自分でやる日

毎週日曜日は、週一断食の日です。

2ヶ月くらい前、主人が「プチ断食する」と言い出したことから始まりました。

私は、やらなくても良かったのですが、主人が断食後、『どや顔』をするのを想像したら、何だか悔しい気がして、一緒にやることにしました。

と言っても・・・水だけで過ごす日もあれば、果物を食べる日も、薄めたお味噌汁を飲む日も、これなら良いかと何か少量を食べる日もあります。お友達と会う日は、断食しません。ちょっとだけ、消化に良いものを選んで、夜断食をします。

専門家の方には、『間違っている!』と言われそうですが・・・、

健康のためと言っても、我慢しながら、イヤイヤやるのは、かえってカラダに悪いと思うから・・・それでも、食べないことの気持ちよさや、お腹がグーって鳴る心地よさ、普段の食べ過ぎ状態に気づかせてくれました。

もう一つの気づきは、食事の支度をしないと自分だけの時間が増えることでした!

これは、とても大きいベネフィットです!

今日も断食の日ですが、主人は「断食する」と言いながら、こっそり、甘酒を飲んだり、ナッツを食べたりしています。初回、私は耐えきれず1日でやめましたが、彼は平気な顔で3日間断食しました。あとで話を聞いたら、コーヒーや緑茶など、カフェインの飲み物を飲んでいたので、シャキッと過ごせたようです。

今日も「紅茶は飲んで良いのか?」「ヨーグルトは食べて良いのか?」と聞いてきます。

「食べたいものは食べて。飲みたいものは飲んで。自分で決めて下さい!」と言いました。

そこで、今日から【断食の日】改め【自分のことは自分でする日】になりました。

あ~楽ちん。ちょっと幸せ。