何のために、そうするの?

緊急事態宣言、日本全国が解除になりました。

新しい生活様式を実践してゆくのですね。

父親が板前だったので、衛生管理が厳しく、あらいぐまラスカルと妹と呼んでいました。おかげ様で、うがい・手洗いは、子どものころからの習慣になっています。

でも、マスクは苦手。息苦しいし、顔がかゆくなるし、苦手です。

屋外にいるときは、つい外してしまいます。お店に入るとき、乗り物に乗るとき、直前に付けます。

あまりコロナを恐れない知人が数名いらっしゃいます。皆さん、マスクも好まない方々で、一緒にいると何となく気が楽になります。その方々とはマスクが無くても、感染の心配を感じません。

考えてみると、みなさん、自分の生きたいように生きている方で、『恐れ』を持っていない方々のような気がします。

『恐れ』からの行動は、『恐れ』を呼び込みます。

自分の魂の声に素直に生きることが大切です。魂の喜ぶ生き方を選びたいです。

でも、人込みでマスクをするのは、エチケットですよね。

エチケットとは「特定の相手を不快にさせないための気配り」by毎日新聞コトバ解説

マナーとは「社会的に好ましいとされる行動や作法」by同上コトバ解説

私自身が感染することに恐れはないけど、私が感染すると、感染・発症は別にしても、同居の家族、私の友人知人、そして、その方々の家族、友人知人にご迷惑がかかるんだなと、改めて思いました。頑張ります!