アニマル進化体操の役割

本日、アニマル進化体操のワークショップを開催します。

昨夜、「積ん読」になっていた片桐ユズル先生が翻訳のグレン・パーク氏の『アレクサンダーテクニークによる変容の術』を手にとって見たくなり、十数ページ読みました。

“わたしたちはいまだに二本足でバランスを取ることに適応できていないということです。私たちの脊椎は、他の四つ足の動物とちがって、つねに重力の影響を受けています。ところが四つ足の動物は。およそ水平な線にそって組織されています。そしてわたしたちは、自分たちに有利なように重力を使うことを学習していないというわけです。くわえて、わたしたちはほとんどの動物よりもずっと長い一生を送ります。したがって時間が経てば経つほど脊椎も衰えるというものです。”

そして、

“これに対して、アレクサンダーテクニークは「どのようにすれば人が直立して脊椎にかかる重力を拮抗できるか?」を教えてくれるからです。”

と書いてありました。

この文の間に、ダート博士のいい言葉もあります。

アニマル進化体操は、脊椎を強くします。

理由は、背骨の周りの小さな筋肉が動き出す体操だからです。

外側の大きい筋肉は、ストレッチ運動をすると、伸びた感じがして達成感もあります。

脊柱起立筋と呼ばれている、内側の小さい筋肉さんたちはなかなか意識してもらえる機会が少ないんですね。

そして、重力に対して、上への方向性も明確になります。

アニマル進化体操は人類にとって、意味のある体操です。